富士花鳥園で色鮮やかなクリンソウが満開

デートスポット

静岡県富士宮市根原にある「富士花鳥園」でクリンソウが見頃ですよ~。

園内の外に広がるクリンソウ畑は約5万株のクリンソウ、ピンク・白・黄の鮮やかな花が可憐に出迎えてくれますよ!

花鳥園と言えば ふくろう・ベコニアのイメージでしたが、花畑もあるんです。何回も富士花鳥園は訪れているんですが、いつもスルーしてたんです。(咲いていないときに来ていたのかしら?)

でも目の前にすると可愛いですね!高齢カップルが仲良く散歩していてちょっとほっこりしました。

クリンソウ畑

クリンソウは山間地に自生するサクラソウ科の多年草で、湿った環境を好むそうです。日本産のサクラソウでは最大で、勢いが良いと花茎は50㎝を超えるんだそうですよ。茎を中心に円状に小花の輪が連なり、五重塔などの仏閣の屋根を装飾する「九輪」を想起させることでその名が付いたそうです。

クリンソウの花言葉は「幸福を重ねる」「物思い」「物覚えのよさ」「少年時代の希望」だそうです、可憐なクリンソウにピタリですね。

花鳥園ではなんと7株からのクリンソウでスタートしたそうですよ( ゚Д゚)すごいですね!

花鳥園のスタッフが毎日手入れしていた結果がこの5万株の畑になったんだそうですよΣ(・□・;)

スタッフの方々努力の結果ですね!

クリンソウの畑は花鳥園の建屋えお抜けたところで、林をぬけたところにいきなり現れてくる花園でビックリしますよ!

蜂もクリンソウにひかれて蜜の採取に来てましたよ!

そろそろクリンソウ畑から離れようとしたところに、花の中に黒鳥が居たんです。見ていたら、水中の昆虫でも食べに来たんでしょうかね?

池のほとりにはカモの夫婦でしょうか?仲良く日向ぼっこ?かな?人間になれているんでしょうね、近づいても微動だにしないんです。

さてクリンソウも堪能できたので、建屋の中のでは紫陽花が咲いていたのでそちらも楽しみですね(o^―^o)ニコ

あじさい

あじさいも種類がたくさんあります。子供の頃はみんな同じだと思って気にしなかったんですが、最近はオーソドックスな紫陽花だけではなく西洋アジサイなどが多く出回っているんです。

小さい蕾がたくさん寄り添って大きく見せているんです、見とれてしまいます。

 

最近気になっているあじさいが「コンペイトウ」と名付けられていたあじさいです。名前も可愛いのですが、花も可憐でかわいいですよ。

ベコニア

花鳥園には1200株のベコニア・約300品種の福祉絵が咲き誇ってます。目の高さでもみれますが、天井からも花が下がってきてます。どこを見渡しても花・花・花です。ハウス栽培なので、一年中いつでも満開の状態です。

ベコニアを堪能したので、出口に向かっていると売店の所に「幸せの福太郎」が居たんです。

ふく太郎には不思議なパワーがあって、願い事をしながらふく太郎を撫でると願い事が叶うかもしれませんよ。なでてみませんか?

【静岡】富士花鳥園のフクロウたち♡
静岡県富士宮市根原にあるフクロウに会いたくて行ってきました、フクロウ好きには必見のスポットですね。ベコニアなど多くの花も観察できますよ!フクロウは「縁起物」で「不苦労」としても知られてますよね、また夜行性で夜に目が利く、「世間に明るい」「先を見通す、未来に明るい」、首がくるくる回ることから「首が回らなくならない」良いこ...

R139を富士宮に向かっていると「もちや」がみえてきました。小腹が空いたのでここで御飯しちゃいます(^_-)-☆

「もちや」ではつきたての餅があるんですよ!冷凍のお餅は使用しないでその日のうちに加工して販売しているんです。

出来立てだから、美味しいしやわらかいんですよ。おろし餅としょうゆ餅で悩んだけれども、やっぱり「しょうゆ餅」に軍配が上がって食してきました。

やっぱり美味しいですよ( *´艸`)これで500円!

朝霧に来ることがありましたら、おいしい餅をたべてみませんか?

今回は学校の行事なのか、観光バスが多くとまってます。中学生たちがぞろぞろと園内に入っていってます「本日貸し切り」となってました。アスレチックもあるし子供たちの学習にはいいのでしょう!

駐車場もひろく、余裕でとめれますよ。

また道路沿いには牧場の牛たちも見ることができるんですよ!交通量もあるので、車には注意しましょうね。

 

アクセス

東名富士ICからR139で45分ほどです。

コメント