保険会社に就職したけど研修期間中は正社員ではなくパートだった!

保険営業

元保険外交員のmimiです。

約20年近く外交員としていろいろ体験してきた事を少しずつ残していきたいと思います。

ど素人の私は、就職が決まればすぐに正社員と思っていたんですが、大きな間違いでした!

研修期間中(各営業所に配属されるまで)はパートとしての時間給でした。1時間お勉強して1000円の時給でしたよ!

 

初出社で何から始める?

毎月の1日が初の出社日、私が入社した時は22人の女性と1人の男性で合計23人でした。各営業所から入ってきた新人たちです(当時は7営業部からの集まりでした)

mimi
mimi

今日から生保レディーかしら?

・朝一番ですることは、決まって出席簿の印鑑押しです(契約書に印鑑を押すことになるので、練習も兼ねてだそうです)

・営業所に配属されるまでの計画の発表(生命保険募集人の合格が必須)

・営業所に配属されるまでは、パート扱いで時間給だと知る。

・お昼ご飯は会社からのお弁当が、毎日提供されます。

・帰る時もしっかりと印鑑押しが必要となりました。(タイムカード代わりなんです)

小さい子供を抱えている人が多いので、個々の都合でかなり融通は利いてくれるんです。私も幼稚園のお迎えが3時でしたので、3時にはお迎えの為に早上がりさせていただいてました。幼稚園から徒歩でも通える距離の研修施設でしたので、早く幼稚園が終わる時には子供同伴で施設内でお勉強もしていたんです。

 

生命保険募集人試験って大変?

生命保険を販売するには「生命保険募集人」の資格を取得しないと仕事は出来ないそうなんです。

最初の一週間は「生命保険の歴史」「生命保険のしくみ」など一般的的なお勉強を、朝の9:00から夕刻の16:00までびっしりです。

mimi
mimi

やっぱり簡単にはいかないんだな~

一週間の集中講義が終わると試験日まで、ひたすら過去問のテストづくめの日々なんです。

研修終了後から一週間くらいですね。子供の用事がある時には、早めに帰宅してから自宅で過去問のお勉強をしていたんです。

100点満点の試験で90点以上でなければダメだと言われていたので、ちょっと頑張ってお勉強しちゃいましたよ!(いつ辞めてもいいと思っていたのですが、負けず嫌いが出てしまったんです。)

保険会社によっては基準が違うみたいで、70点でもいい保険会社もあるそうです。私が入社した保険会社は90点は必須だったんです。

mimi
mimi

久しぶりのお勉強で頭痛がしそう…

ま~、お勉強ばかりも疲れるので、お菓子・珈琲・紅茶・緑茶などは常に用意されていて、休憩時間には雑談しながらおやつタイムすることも楽しい時間でした。(辞められたら困るので、至れり尽くせりって感じでしたね)

休憩を挟んでの過去問対策は、一日中になるんですが5セットくらいを毎日繰り返しているんです。(その過去問の点数は、育成リーダーと各拠点長に毎日報告されていました💦)

そんな日々も過ぎて、試験日が近くなってきた時には、23人いた新人職員も13人の女性のみに減っていたんです。連絡もなく来なくなった人もいたんです!

試験日には13人と研修トレーナーで試験会場へと、車を乗り合わせてテンション高く緊張しながら向かいます。

mimi
mimi

試験日だにゃ~、ちょっと緊張する~

試験会場にはいろんな生命保険会社・損害保険会社・銀行員・不動産屋さん・車の修理工場の人・学生など、いろんな業種の人たちが試験に来ていたんです。生命保険の人だけの試験かと思っていたのでびっくりでした。

また女性ばかりかと思っていたんですが、男性の多さにはビックリです。半分は男性なんです!年齢も20代からかなりの年齢の方も試験を受けるんですもの。(60代?みたいな男性もいましたよ)

mimi
mimi

緊張したけど、合格したぞ~

13人全員無事合格しました~👍

やく20日間のお勉強の日々から解放されて、次のステップに!

 

コメント