羽衣伝説の三保の松原のキャンドルナイトへ行きたい!アクセス方法は?

イベント

静岡県に観光にいくなら、忘れてならないのが「三保の松原」です。
三保の松原はなんといっても世界遺産に登録されている世界的な観光地です。

三保の松原は静岡県に位置しております。東京・名古屋といった都会からもさほど遠くなく様々なアクセス方法があります。

電車・バス・水上バスといった公共機関も発達してますし、マイカー・バイクでのアクセスにも対応しておりますよ。

目的地までもいろんな観光地もそれぞれあると思うので楽しみですね、自分なりの観光コースを組み立ててみるのもいいんではないですか?

遠方からなら新幹線で静岡駅で下車してJR東海道線に乗り換えると良いでしょう。
そこから清水駅で下車して、バスでもいいですしレンタカーを借りて、「三保の松原」以外も観光しても楽しいと思いますよ!

水上バスは世界遺産に登録されてからは人気の移動手段になっているそうですよ!
お天気がいいと、海からの眺めも素晴らしいそうです、せっかくなので観光の楽しみに加えてみたらどうでしょう?

時刻表 水上バス|富士山清水港クルーズ
水上バスの時刻表を掲載しています。清水港と三保半島を楽しむなら、気軽に乗船できる水上バスはいかが?

三保の松原

「三保の松原」は福井県敦賀市の「気比の松原」佐賀県唐津市の「虹ノ松原」と並び、日本の三大松原のひとつです。また「日本白砂青松100選」にも選ばれているそうですよ。

三保の松原は日本の古くからの信仰で、富士山・海・松がそろっているいる場所としても有名ですね。

そして羽衣伝説ですね!各地に「羽衣伝説」は多くありますね。

伝説としては天女が水浴をしているときに心を奪われた男が、天女の羽衣を奪って妻にめとりましたが、天女が奪い返して天に帰るという伝説です。

しかし三保の天女伝説は違っていて、天女に己を恥じて自ら羽衣を返すという伝説です。

毎年10月上旬には「羽衣まつり」で「羽衣」が上演されます。羽衣伝説発祥の地での薪能気になりますよね(#^^#)

そんな天女の羽衣の松がある三保の松原では「天女の香」が販売されていました(6ml)。ちょっとエスニックな香りですよ( *´艸`)

2013年6月22日に世界遺産登録をされたのを記念に今年で6回目の開催となります。三保松原感謝祭は17時より点灯を開始して、明るいうちからキャンドルを楽しむことができるようになっています。

点灯の前に「御穂神社」で忌火おこしの行事が行われてからになるんです。

 

神の道を渡った後は、神官達が三保の松原で演奏してますよ。

キャンドルには願い事やイラストを描いてあり(開催前に近くの小学校で)、子供が描いたキャンドルを家族と一緒に探している子供たちが大勢いましたよ。

また当日現地で300円出せば参加できるそうです、子供ずれの家族が多く並んでましたよ。

点灯時からカメラマンの姿も多く、特に女性がカメラを持ってきているのにはちょっとビックリしましたよΣ(゚Д゚)

三保の松原
三保の松原(静岡市 三保)の魅力や見どころ・評判・地図・アクセス情報などを、三保の松原の写真とコメントでご紹介する旅行・観光ガイド。静岡市観光で絶対に行きたい、SNSや口コミでも人気の三保の松原のおすすめポイントなど情報満載!

暗くなる前に浜辺に出て富士山をと思っていたんですが、曇っていてはっきりと見えなく残念!そんな時には、カメラの性能でカバーできるんです!

しかしロマンティックな時間帯ですので、デートに来るカップルも多く見かけました。浜辺の流木に2人でなかよく腰掛けて二人の時間を過ごしてましたよ。

羽衣の松とキャンドルにと幻想的な空間で過ごせますね(o^―^o)ニコ

三保の松原の駐車場横に「三保松原文化創造センターみほしるべ」があります。ここでは世界遺産になった三保の話がたくさん見れますし、屋上に上がると富士山・日本平を見ることができます。

入り口横には「足湯」もありますので、タオルを持っていくと良いでしょう。

御穂神社

三保松原の駐車場から「神の道」を歩いていくと御穂神社があります。長さはだいたい500mくらいですね。

神の道の両脇には樹齢300~400年くらいの松並木が並んでます。

御穂神社は「世界文化遺産」の構成資産の1つで、三保松原の範囲に含まれているそうです。

神社には竹がよく合うのか、他の神社や大社でも竹あかりを開催されている所も多くなってきましたね!エキゾティックな空間を演出してくれますね。

こちらではキャンドルナイトの前の行事で、忌火おこしを行います。

この行事には巫女の舞が披露され、また境内には「あかりともるある」で竹あかりがおこなわれていて、神秘的な空間を盛り上げていました。

アクセス

駐車場は無料で200台可能です。第一駐車場は観光用のバスの駐車場ですが第二・第三は普通車用です。駐車場へは、誘導員が多くいますので安心ですね。

コメント