西沢渓谷ハイキングコースでエメラルドグリーンの滝に出会う!

デートスポット

エメラルドグリーンの滝が山梨県の方にあるらしいよ!と聞きまして気候の良くなってきたので、出かけてみました。

日本の滝100選に選ばれているそうです!

場所は山梨県の笛吹川上流の流れが作り上げた「西沢渓谷」山梨・長野・埼玉の3県の境に近い場所になり、秩父多摩甲斐国立公園に指定されてます。

 

西沢渓谷蒟蒻館の前駐車場(無料)に置きまして、西沢渓谷に行く前に寄道をしてきました。

蒟蒻屋さんでしたので、中で販売しているものも蒟蒻だらけです(当たり前ですが)刺身こんにゃくを試食させていただきました!やわらかくて、食感が凄くいいんです!常温で2週間も日持ちするそうなので一袋800円で購入してしまいました💦

ハイキングコースと思ってきていたので、定員さんにちょっと情報をと聞いてみたところ(@_@)

「1周するのに4時間くらいで、人がすれ違うことができない場所もあるので気をつけてくださいね」(o^―^o)ニコ

気軽に行けるハイキングコースと思っていたので、心配になってきました。

せっかく楽しみに来たので行って来ます✋

 

お天気も良く新緑で木々の葉も鮮やかな緑で気持ちが良いです、楽しいハイキングではないかとルンルンでした。

でもすれ違う人たちが、まじめに登山スタイルなんです!!リュックに登山靴なんて、ガチ登山?(かなり心配になってきた)

「山の神」が見えてきました、ここはハイキングコースの往路と復路の合流地点となっており、きれいなトイレもあります。トイレを済ませないと大変!

「山の神」ご挨拶&安全祈願をしまして、行って来ます。

西沢渓谷|山梨市観光協会
山梨市おすすめのモデルコース&スポットをはじめ、イベント情報、観光・体験施設、グルメ、お土産など、山梨の旅に役立つ情報を紹介します!

少し歩くと「田部重治文学碑」見えてくるので、その横を過ぎますと「二股吊橋」が見えてきます。この吊り橋は1人づつ渡りましょうね!

ここからは本当にガチ登山です!

二股吊橋から少し歩くんですが、舗装されている道ではないので気をつけましょう!「大久保の滝」が見えてきました!

木々の間から見るのですが、デッキが用意されてます。ビュースポットなんでしょうね!

ここまで約1時間弱です、あと7ヵ所滝がありますので水分補給休憩のみです。

エメラルドグリーンの滝つぼを期待しましたが、残念なことにありませんでした。

三重の滝

三重の滝まで来ますと、水流がエメラルド色なので感動です!

人面洞

岩肌に自然に刻まれた模様が、人の顔みたいに見えるそうです。ちょっと怖いかな?エメラルドグリーンの水面の方が綺麗で、気になりませんよね(o^―^o)ニコ

竜神の滝

緑の木々も綺麗でしたが、竜神の滝の流れは多くなく、やさしい感じの滝ですね。

恋糸の滝

滝がほとんど見れなくて写真を撮ることが出来なく、ちょっと残念でした。

貞泉の滝

荒々しい岩の間を、大きな音をたてて激しく流れ落ちてくる滝は見ごたえあります!

母体淵

七ツ釜五段の滝

西沢渓谷の最大の目的地はこの七ツ釜の滝です、五段続く滝には圧倒されます!しばらくたたずんで堪能してきました!西沢渓谷のなかで最も荘厳の滝であり、シンボルであります。

落差はおよそ、上から3m、4m、2m、9m、10mとなっています。

日本の滝100選に選ばれているだけはありますね!

 

不動滝

 

この不動の滝が、西沢渓谷最後の滝でした。

ここまで4.5キロ歩いてきて、3時間半の道のりです。不動滝の上には黒金山登山道入り口があり、休憩スペースとトイレがありますので、帰る前にしっかりと給水してから駐車場に向かいました。

毎日3キロ歩いていたのが良かったんでしょうね!さほど疲れを感じずに歩けました。

このハイキングで思ったことは、情報をしっかりと確認しなかったので、服装などの準備不足が残念でした。

※西沢渓谷にハイキングに行くならしっかりと登山の支度と水分補給の準備・渓谷は険しい道もあるので、事故にあわないように足元に気をつけてください。できれば1人でなく、2人以上で行ってくださいね!

※駐車場は蒟蒻館の前(60台)にもありますが、渓谷入口にも市営駐車場(60台)の駐車場はありますよ!道の駅「みとみ」にも200台の駐車スペースはあります。基本的に無料ですが、紅葉の季節には有料の可能性もありますので確認してから駐車してください。

 

コメント