【静岡】河津の七滝、マイナスイオンでパワーアップ!

パワースポット

河津へは何度か来てますが、七滝を本格的に歩くのは初めてなんです。
遊歩道も完備されているので、気軽にハイキング気分で行ってきたんです。

河津七滝(かわずななだる)は、伊豆半島の河津長を流れる河津川に点在する七つの滝のことです。
伊豆ジオパークのジオサイトに指定され、河津桜と並んだ有名な観光スポットです!

お天気も良かったんで撮影日和?
車を駐車場においてスタート!

最初の滝はバス停から階段でだいぶ下っていくんです、途中には温泉もあるんですよ。
下った先には見事な大滝がありました。

期待を込めて撮影したのですが、余りにお天気が良すぎて画面が真っ白!(残念な結果です(´;ω;`))

次に向かったのは遊歩道を下ったところにある出合滝です。
今度こそと設定しなおして撮影してみまたのが、こちらです

河津七滝出会い滝

【出会い滝】特徴
2つの流れがここで出合ってひとすじの 流れになります流れ込む水の青さが印象的な滝です。
高さ2m幅2m

歩道を進んでいった先に、かに滝の看板がみえてきました。
下っていきますと、すぐに足湯があり一休みしてしまいましたよ(o^―^o)ニコ
かに滝は夏には、子供たちがインストラクターが付いてダイブ体験ができるそうです。

河津七滝かに滝

【かに滝】特徴 
白い流れと緑のコントラストが美しい かに滝。
美しい渓流の中ひっそりと佇む 小さな滝です。
高さ2m幅1m 長さ15m

【初景滝】特徴 
白い流れと「踊り子と私」のブロンズ像が自然の中で 調和し、
伊豆の踊り子の敘情をかもしだしている滝 この場所は滝祭りのメイン会場でもありシャッターポイントです。
高さ10m幅7m

ここでは有名な伊豆の踊子像があり、その向こうで音をたてて水が流れ落ちてきます、
近くに行くと水しぶきが飛んできますので、タオルハンカチなど用意していくとよいでしょう。観光客の多いエリアです。

河津七滝 初景滝

【へび滝】特徴 
玄武岩の模様が蛇のうろこのように見える事から へび滝と名づけられました。
高さ3m幅2m

河津七滝 えび滝

へび滝ここまで来ると観光客が少なくなってきましたね、かなり歩いてきましたので。

【えび滝】特徴 
えび滝は滝の形が海老の尾ひれに 似ていることからつけられています このえび滝はつり橋上から眺めることができます。
高さ5m幅3m

河津七滝 釜滝

釜滝は凄く見ごたえありますよ!展望台までいけますが、タオル持参されたほうが良いですね(展望台が濡れているほどでした)

釜滝】特徴 
覆いかぶさる様な玄武岩の上から雄大に 流れ落ちる、迫力満点の滝です。
かつては地獄谷と恐れられていたほどの滝で七滝中2番目に高い滝です。
高さ22m3m

そのから階段がかなり続きますが、せっかく来たのだからと登って行った先には、
猿田淵と案内表示がありまして、ジブリの森みたいな渓谷がありました。
ここでは、初挑戦でミニチュアモードで撮影してみたんです。

【猿田淵】
猿田彦命の神様にちなんでいるそうです。

2時間ほどでハイキングしながら撮影できると、思っていたんですが、
なかなかのアップダウンがあり見どころもたくさん!
結局ゆっくりだったのもありますが、5時間いましたよ(笑)
翌日には軽い筋肉痛がでてきました(笑)

今回は糸のような滝とミニチュア効果の撮影を覚えましたよ。

ミニチュア効果で撮影すると、模型みたいになったり色が鮮やかになり、画面の周辺のボケた感じになりますよ。

【アクセス】

 

コメント